開発実績 works

かんたん燃費

icon2000 弊社が開発を担当させていただいた「かんたん燃費」がリリースされました。

iOS版ダウンロード

かんたん燃費
「かんたん燃費」は、手軽な操作で住宅の冷暖房費を計算することが出来るスマートフォンアプリです。
新築や増改築をお考えの方向けに、実際に家を建てる前に省エネな建物の検討する事を目的として、断熱材やサッシなどの種類や厚みを変更するコンテンツを用意し、冷暖房費をどのくらい削減できるかをシミュレーションします。(実際の建物とは異なる事があります)
「かんたん燃費」には、建築のプロや建材メーカーなどのコアなユーザーの為に、断熱材や断熱サッシ、換気システム、冷暖房機器などの入力アイテム数は100種類以上あり、組み合わせたオリジナルの断熱仕様を保存する機能があります。
また、計算結果をQRコードを作成し、ユーザーが計算したデータを他のユーザーと共有できる機能を搭載しています。

【「かんたん燃費」で出来る事】
●主な機能
・初心者でも断熱等級4・5・6・7を選ぶだけで、光熱費が計算できる「断熱仕様」を標準装備
・「断熱仕様」を編集し、住宅性能を表すUA値やQ値を変更して冷暖房費の計算ができる「詳細計算」が可能
・断熱材を用いた熱貫流率計算(天井、壁、床)が可能で、仕様は保存する事が出来ます。
・サッシの種類や開口比率を変更する事で、日射取得と熱損失のグラフや光熱費でサッシの性能を確認できます。
・35年間のコスト比較(比較グラフで費用対コストのクロスポイントを表示)
・表面温度の計算(天井、壁、床、窓)
・露点温度の計算(表面結露の出る温度)
・無暖房時の室内温度(厳寒期)
・最大暖房負荷の計算(エアコンやFFストーブなどの機器選定の目安になります)
・QRコードを用いた計算結果の作成、読込によるデータ共有

【「かんたん燃費」の応用】
・新築、増改築を行う際に、設計士、大工さん、ハウスメーカーと一緒に、冷暖房費を減らす方法を相談するのに使う。(利用者はすべて自己責任で行ってください)
・UA値を変更して、費用対コストを検討する。
・C値を変更して、隙間の大きさで冷暖房費が変化する事を確認する。
・断熱の種類や厚みを変更して、費用対コストを検討する。
・サッシの種類を変更して、燃費の良いサッシを探す。
・換気システムを変更して、熱交換換気の費用対コストを検討する。
・「かんたん燃費」で簡易計算した内容を設計に反映し、設計用のソフトで再検討を行う。
 (本プログラムは簡易計算なので、必ず設計士に相談する事)
・オープンハウスなどで性能や燃費を表示するPRとして掲示する。
・「かんたん燃費」通じて、「高性能な住宅が建てられるビルダー」と「建てたいユーザー」のマッチングを促します。(毎棟、気密測定を行っているか、行う事ができるビルダーであるか確認が重要。気密が取れない家は、計算結果との差異が大きくなります)

光熱費の事、同時に払うローンの事、住宅の温熱環境の事、建ててから後悔しないように、計画の段階からこのアプリで是非、計算してみて下さい。

開発実績一覧へ戻る

 
トップへ戻る